性感染症検査キットドットコム HOME > 病名> 細菌性膣症

細菌性膣症

細菌性膣症 ・2010年3月16日

細菌性膣症は膣内環境が損なわれている状態でさまざまな菌が膣の中で繁殖し始めることで発症します。膣の中は通常、乳酸菌によって強い酸性に保たれており、大腸菌や悪臭の元となる菌が繁殖しないようになっています。しかし、過度なセックスや膣洗浄のしすぎ、疲労や体力の低下などが原因で乳酸菌による自浄作用がなくなってしまうと菌が繁殖し始めるのです。細菌性膣症は魚臭帯下と呼ばれる、悪臭の強いオリモノが特徴ですが細菌性膣症は治療をすれば改善されるので、早めに病院で治療をするとよいでしょう。